通信教育でも学べるキャリアカレッジジャパンの人気

レディ
  1. ホーム
  2. 社会復帰を応援します

社会復帰を応援します

メンズ

患者さんを支える仕事です

理学療法士と並んでリハビリの専門家として活躍する作業療法士は、病院や老人福祉施設などで活躍する国家資格です。資格取得のためには、所定の養成学校あるいは大学の当該学部を卒業後、国家試験に合格する必要があります。作業療法士の仕事は多岐に渡っており、高齢者の低下した機能回復を促したり、病気や事故で総称した機能の回復に努めたりするほか、精神疾患や発達障害の患者の心のリハビリなども行います。そのため、学校選びは単に資格取得だけではなく、どのように学ぶことができる場であるかというのがとても大切になってきます。数多くある大学や専門学校の中から自分に合った学校を選ぶことが、将来の仕事の仕方にもつながってきます。

やりがいがあります

立つ、歩くといった大きな体の動きのリハビリと異なり、作業療法士が施すリハビリは、手先を使った細かい動作が中心になってきます。動きが小さければリハビリとしては簡単かと言えばそんなことはなく、患者さんにとってはメンタル面での負担が大きくなることも多々あります。同じ機能を回復させるためのリハビリを施すにしても、担当する作業療法士によって用いられる方法は変わってくるものです。単にテクニックだけではなく、患者さんによりそい、より効果の出せる方法を探すというのもこの資格の仕事の醍醐味と言えるでしょう。だからこそ、資格さえ取れば安泰という事はなく、日々試行錯誤を繰り返しながら経験値を上げていく仕事と言えます。