通信教育でも学べるキャリアカレッジジャパンの人気

レディ
  1. ホーム
  2. 視力の専門資格

視力の専門資格

男性

視力回復の仕事

人は、生きていくためにいろいろな機能を備えています。見たり、聞いたり、話したりなどがあります。聞いたり話したりのトラブルも多いですが、比較的多いのが視力障害です。メガネやコンタクトレンズをしている人が多くいる人から、視力に一定のトラブルを抱える人が多いことがわかります。視力が悪い時、矯正をするだけでなく回復を目指す指導を行える人がいます。それが視能訓練士になります。国家資格で、この資格を持っていないと訓練などの指導を行うことはできません。医療機関などでは、視能訓練士がいることによって、組織に属する人の視力の状態を維持したり、把握することが出来ます。医師ではないので治療はできませんが、リハビリ指導などが可能です。

国家試験に合格する

資格を取得して仕事をするとき、どうやったら資格が取れるかがあります。多くの場合は取得のための試験があり、それに合格すると資格が得られます。その他、講習などを受けると資格が得られることもあります。視能訓練士と呼ばれる資格があり、視力の検査や、視力回復のためのリハビリの仕事をすることが出来ます。視能訓練士の資格を取得するには、まず全国にある専門の養成所を卒業する必要があります。学歴によって養成期間は異なります。卒業すると受験資格が得られるので、その後に試験を受けて合格を目指します。資格を取得すると、医療機関などで資格を生かして働くことが出来ます。病院であったり福祉施設、眼科専門医院などで仕事をすることが出来ます。